FC2ブログ
未分類・消費者金融・経済・ローン・借金・おまとめ・金融関連で気になった出来事を独自の視点で綴ります。即日・無利息キャッシング、融資、ローン、不動産担保ローン、ネットローンを利用する前にココをチェック!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【消費者金融】アイフルCM再開 ハートフルなCM


アイフルのCMが生まれ変わりました。

アイフルは2007年1月20日、テレビCMを再開した。

06年4月に財務局から貸金業規制法違反で全店舗業務停止命令を受けて以来、テレビ広告は自粛していた。再開CMには、かつて人気を集めたチワワの「くぅーちゃん」の登場はなく、ビルや住宅街の上空に赤い風船が飛び続け、音声とテロップで借りすぎなどの注意を呼びかけている。

アイフルのホームページでは、「新しく生まれ変わろうとするアイフルが、もう一度ハートフルなコミュニケーションをめざすことを象徴的に描き、街から街へ、新しい時代に向けてすがすがしい風を巻き起こしている」と説明している。

 

続きを読む

住宅ローンの基準金利3.57%に引き下げ


住宅ローンに苦しんでいた人たちに朗報です!

 住宅金融公庫は5日、住宅ローンの基準金利を現行の3.68%から0.11%引き下げ、3.57%にすると発表した。

続きを読む

三菱東京UFJ銀 アコムと提携拡大へ 三井住友・プロミスを追撃へ


 三菱東京UFJ銀行は22日、消費者金融大手アコムとの提携業務を拡大する方針を明らかにした。同行が開発・販売する新たな無担保ローンの保証業務の委託などを検討する。

畔柳(くろやなぎ)信雄頭取は「個人の資金ニーズに安心かつ信頼してもらえる方法で応えることは、金融機関の社会的責務だ」と提携拡大の意義を強調している。

アコムは即日融資・キャッシングを売りにしていますね。ビジネスローンや目的別の自動車ローンなんかもあって、事業資金に困っている人も利用できます。 

続きを読む

金融庁が経営健全化計画の履行状況を公表


金融庁は27日、資本増強の申請を行った金融機関が提出を義務付けられている「経営健全化計画」の履行状況を公表した。

対象11行(グループ)の2006年9月中間期の当期利益は、年間計画に対する進ちょく率が5割程度となり、「おおむね巡航速度」(幹部)と評価した。

順調なようです。

(引用:ライブドアニュース

多重債務者対策本部が初会合、来春めどに改善計画


政府は26日、多重債務問題の解決に向けた「多重債務者対策本部」(本部長:山本有二金融・再チャレンジ担当相)の初会合を官邸で開き、来春をめどに「多重債務問題改善プログラム(仮称)」を取りまとめることを決めた。

最近は即日キャッシングとか一定期間無利息とか利用したくなるサービスが多いですからね。

(引用:ライブドアニュース

日銀とは常に連絡している、金融政策で景気を下支えしてほしい


尾身幸次財務相は26日、閣議後の記者会見で、今朝発表された消費者物価指数や消費支出などの指標を受け、景気は順調な過程を通っているとの認識を示したうえで、日銀の金融政策運営について、景気の下支えをしてほしいとの従来の見解を繰り返した。

ただ、具体的な金融政策については日銀の判断を尊重するとした。

日銀任せかよ。

(引用:ライブドアニュース

[企業交際費]総額3兆5338億円 9年ぶり増加


 全国の企業が今年1月までの1年間に、取引先への接待や贈答などに使った交際費の総額は3兆5338億円で、前年よりも2.7%増加していたことが国税庁のまとめで分かった。

交際費は97年以降、減少し続けていたが、景気回復などを背景に9年ぶりに増加に転じた。

 

 

 調査は、全国258万5033法人のうち資本金や業種別に抽出した4万7915法人の確定申告書などに基づいて行われた。

 

 

 1社あたり平均交際費は136万9000円で、交際費の最も多い業種は化学工業の608万7000円で、次いで機械工業の315万6000円、金融保険業の245万6000円だった。また、営業収入10万円当たりの交際費が多い業種は建設業の537円で、99年以降で7年連続のトップだった。

交際費って必要なのか?

(引用:ライブドアニュース

特定の金利水準やタイミングは予め念頭に置いていない=金融政策で福井日銀総裁


福井俊彦日銀総裁は25日、都内で講演し、今後の金融政策について、特定の金利の水準やタイミングを予め念頭に置いていないとし、経済・物価情勢を丹念に点検したうえで、最善の判断を下していきたいと述べた。

そうはいっても結構適当。

(引用:ライブドアニュース

中小零細倒産激増か 貸金業規制改正


消費者金融などの貸出金利を引き下げる貸金業規制法の改正案が12月13日成立した。

平成21年末をメドに出資法の上限金利、年29.2%を利息制限法の上限である20%に1本化し、いわゆるグレーゾーンが廃止されるほか、借り手の年収の3分の1を上回る融資を原則禁止する総量規制も導入される。

これで何が変わるのか。

(引用:ライブドアニュース

郵政民営化に米国がクレームを付けている!!


 郵政民営化後に誕生する「ゆうちょ銀行」「かんぽ生保」に、米国商工会議所が、もう“懸念”を示している。

米国の言いなりで郵政民営化を強行したのに、ハシゴを外された格好だ。

いったいなぜ?

続きを読む
Copyright © 消費者金融ならおまかせ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。