FC2ブログ
クレジットカードとデビットカードの中間カード出現!?・消費者金融・経済・ローン・借金・おまとめ・金融関連で気になった出来事を独自の視点で綴ります。即日・無利息キャッシング、融資、ローン、不動産担保ローン、ネットローンを利用する前にココをチェック!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードとデビットカードの中間カード出現!?


記者は先日、スルガ銀行で「日本初」の、VISAデビットカードを申し込んだ。

VISAデビットカードとは、クレジットカードとデビットカードの中間のようなもので、「銀行口座に入れてある額しか使えない、即時決済のVISAカード」と言える。

いったいどんな内容なのか?

 このカードの利点としては、申し込みは15歳以上からできるので、クレジットカードがもてない高校生でも持つことが出来る。

また、銀行に預けている額の分しか使えないので、使いすぎの心配がない。

さらに、カードを使うとすぐに利用確認メールが来るので、不正利用がされるとすぐに分かる。

そして、なんといっても、年間利用額の0.2%が、現金でキャッシュバックされるというのもいい。

だが、クレジットカードのようなポイントサービスはない。



 記者が、「VISAデビットカード」を発行しようと思ったのには理由がある。

それは「代金引換手数料をとられるのがばかばかしい」からである。

ネットなどで商品を購入すると、代金引換手数料は300円から700円ほど取られる。

しかし、VISAデビットカードを使うと、代金引換手数料が取られないのだ。



 例えば、ネットの写真プリントサービスでは、クレジットカード決済だと5枚以上のプリントで送料無料なのに対して、代金引換だと735円も手数料が取られる。

だから、近くの店まで出向いてプリントしたほうが、格段に安い。記者はネットプリントが半額になるクーポンを持っていたので、写真をプリントした。

お支払い方法の画面が出てきたところで、VISA決済のボタンを押して、カード番号と有効期限を入力すると、普通に注文できた。

するとすぐに、利用確認メールが届いた。これは便利だ。735円得した気分だった。

調子に乗って、銚子電鉄のぬれ煎餅を4500円近く、VISA決済で買ってしまったが、これも、送料無料で得した気分。



 これなら、クレジットを持つのが嫌な人や、高校生でも気軽にネットショッピングをすることができる。

今は、スルガ銀行しか発行していないが、今後、イーバンク銀行も、発行する予定という。

今後の発展に期待だ。

これは便利そうですね。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。